ガッカリだった観光地 in ジョグジャカルタ

水の宮殿はそうとうガッカリ

ジョグジャカルタに来たのはプランバナン遺跡を見るのと街歩きが目的だったのですが、他にも観光地があったのでちょこっとのぞいてみました。なんですが…
いやはや、これがなかなかガッカリ観光地でした。苦笑

クラトン(王宮)
まずはこちら、クラトンです。クラトンとは王宮のことで、ジョグジャカルタのスルタン(王様)が今でも住んでいます。

クラトン(王宮)
観光地ってことで行ってみたのですが何もなくて、社会見学に来ていた中学生と引率の先生を眺めてるほうがまだ楽しめました。笑
ただ、これは単なる僕のミスでした。あとで知ったのですが、王宮の内部は午前中だけ公開で、昼過ぎにちんたらやって来た僕は外の部分しか見れなかったのです。道理でおもしろくもなんともなかったわけです。

王宮を後にして向かったのはタマンサリ(水の宮殿)。プールで泳ぐ美女たちを王様が櫓の上から眺めて今夜のお相手を物色するという、悪趣味極まりない離宮です。
ネットで検索してみるとこの写真のように良い感じなんです。で、行ってみたのですが…

タマンサリ
すげぇショボショボ。

水の宮殿
しかも水あんまり入ってないし。汚れてるし。

なんて言いますか、マクドナルドの新製品の写真を見て注文して出てきた現物を見た時のような気持ちでした。笑
ということで、ジョグジャカルタの観光地の中でタマンサリはおすすめしません。みなさんの心の中で写真のイメージを大切に守ってください〜w

ベチャで痛い目に遭う!

タマンサリでガッカリしたあとは次の目的地であるボロブドゥールへ。時間が押していたのでベチャを利用しました。

ベチャ
ベチャというのは3輪の人力車です。自転車の前輪が2輪になっていて、そこに2人分の座席が付いていて、運転手が後ろでベダルをこいで進みます。

ベチャ
で、僕が乗ったベチャなんですが運転手がどう見ても60過ぎの爺さまでして。これがもう遅いのなんのって。他のベチャに抜かれまくり。歩いたほうが早かったかもしれない。

ここが運の尽きでした。30分以上かけてようやくホテルに戻り、急いでトランスジョグジャのバス停へ。ボロブドゥールに行きたいというと最終のバスが4時発なのでもう間に合わないと。
そこからタクシーに乗り、ボロブドゥールの近くを通るバスに乗り、最後はバイクの後部座席にまたがり、やっとの思いでボロブドゥールに辿り着いたのでした。

インドネシアのバイク
写真はバイクの後部座席から眺めたインドネシアの農村。手前の黒いのは運ちゃんのヘルメットです。苦笑

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.