ジャカルタ大聖堂とイスティクラル・モスク

荘厳なジャカルタ大聖堂

ホテルで軽く夕食をとったあと、トランスジャカルタに乗ってキリスト教会を見に行きました。ここでもバス停の男性が親切に道を教えてくれ、けっこう離れた距離だったのですが迷わず教会にたどり着くことができました。インドネシア人の好感度アップしまくりです。笑

ジャカルタ大聖堂
こちらがジャカルタ大聖堂(Jakarta Cathedral)です。すごく大きな教会でした。尖塔の部分が光ってるのが象徴的です。こういうキリスト教会ってあんまり見たことないなぁ。

ジャカルタ大聖堂
ジャカルタ大聖堂の内部はこんな感じです。これは教会の一番後ろから撮った写真です。僕はキリスト教会はあまり中の方までは入りません。祈りの場に無神教者が入り込むのはいささか失礼かなと思うものでして。

ジャカルタ大聖堂
一心に祈りを捧げる信者たち。日曜日の夜で礼拝が行われていました。
言うまでもなくインドネシアは世界最多のイスラム教徒を抱える国です。なのでこんな大きなキリスト教会があるとは思ってもいませんでした。あとで調べたところ、インドネシアでは国民の10%強がキリスト教徒なんだそうです。インドネシアの人口が2億5,000万人なので、キリスト教徒は3,000万人くらいはいることになります。ならば首都ジャカルタに大聖堂があってもおかしくないですよね。

さすがは本家、イスティクラル・モスク

キリスト教会の次に向かったのはモスクです。やはりイスラムの国に来てモスクを見ないわけにはいきませんからね。

イスティクラル・モスク
これです。イスティクラル・モスク(Istiqlal Mosque)。東南アジア最大級のモスクってことで確かにデカイです。クアラルンプールの国立モスクも大きかったですが、それよりも更に大きい。まさに「デカっ!」って感じです。

イスティクラル・モスク
白い衣装をまとったムスリムの方々。中東にいるのかと錯覚するような光景です。この日は大規模な礼拝があったのか、大勢の信者を乗せた大型バスが次から次へと乗り付けてきていました。さすがにインドネシアの宗教的マジョリティだけのことはありますね。

ジャカルタ大聖堂
ところでご注目いただきたいのはこちらの写真です。先ほど見てきたジャカルタ大聖堂ですが、この写真、実はイスティクラル・モスクの敷地内から撮ったものです。なんと、ジャカルタ最大のキリスト教会とモスクが、道を挟んで並んで建っているのです。

イスティクラル・モスク
国民の9割近くがイスラム教徒でありながら、1割強のキリスト教徒や、1割にも満たないヒンズー教徒や仏教徒にも宗教的自由を認める。マレーシアもそうですが、多様な宗教を容認するインドネシアって素晴らしい国だなと思いました。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.