インドネシアの屋台で食べたB級グルメ!

インドネシアの庶民メニューは屋台で

インドネシア旅行記なのに食べ物についてまったく書いていませんでした。インドネシア滞在中に食べたものを一気にご紹介しようと思います。
と言っても、なにせ貧乏トラベラーですので、高級レストランで伝統的なインドネシアの美食を楽しむなんてことはしません。道端の屋台で地元のインドネシア人たちと並んで食べた庶民の味、B級グルメの数々です!

ジョグジャカルタの食べ物
まずはジョグジャカルタで食べたもの。名前は分かりません。屋台に並んでいるものを指さしてご飯と一緒に盛り付けてもらうというスタイル。でもこの時、この屋台にはおかずが3つしかありませんでした。ほぼ選択肢がない中で見た目と勘で選んだのですが…
左手の茶色いもの、肉系であることは分かりました。でもいったい何なのか最後まで分かりませんでした。美味くもなく不味くもなく、お腹が減ってたので食べられました。笑
そして右手のオレンジ色っぽいもの。なんとかフルーツってお店の人が言ってて、まさか果物のわけないやろと思って注文してみたのですが。まさに果物でした! 果物を炒めたもの、温かくてもちろん甘酸っぱいです。こんなものでメシが食えるか! 大失敗でした。涙

ジョグジャカルタの食べ物
こちらもおかずを指さして注文するタイプの屋台で食べたものです。これは当たりでした。左側の茶色いのは鶏肉を炒めたもの、右側の緑色は野菜炒めです。日本人にも違和感なく食べれる味でした。インドネシアの家庭料理って日本人に合うかもしれないです。
手前の白いのはキュウリです。東南アジアで生の野菜なんて危ないと思う人が多いかもしれませんが、僕はまったく問題ありませんでした。これでお値段は10,000ルピア、日本円で100円足らずです。安い!

ミーアヤム(Mie Ayam)
ようやく名前の分かるメニューの登場です。インドネシアの代表的料理、ミーアヤム(Mie Ayam)です。ミーは麺のこと、アヤムは鶏肉、なのでミーアヤムは鶏肉ラーメンって感じです。
味はものすごくあっさりしてます。朝ごはんとして食べても大丈夫なくらいの味です。麺はどうかなぁ、ちょっと粉っぽいというかボソボソというか、日本のラーメンの麺のほうが美味しいと僕は感じました。ただ、トータルとしては全然ありですね。僕は麺類好きですので、この味なら毎日食べてもOKです。
具は鶏肉と青梗菜みたいな菜っ葉、それともやしです。これ1杯でお値段10,000ルピア(100円)。食べたのがジョグジャカルタのマリオボロ通りという外国人観光客がたくさん集まるエリアでしたので、下町エリアで食べたらもう少し安いのかもしれません。

ソトアヤム(Soto Ayam)
お次はソトアヤム(Soto Ayam)です。ソトはスープや煮込み料理のこと、アヤムは鶏肉、ソトアヤムで鶏肉スープってことになります。
なんですけど、インドネシアのソトアヤムは日本人がイメージするスープとはちょっと違っていて、かなり具だくさんです。また、一言でソトアヤムと言っても地域やお店によってかなり違うらしく、ソトアヤムの屋台が3軒並んでいて、3軒とも味も見た目も違うとか普通にあるそうです。
このとき食べたソトアヤムには鶏肉の他、野菜と春雨が入っていましたが、別のお店で食べた時にはご飯も入ってました。雑炊みたい。上にかかってるオレンジ色のものはインドネシアを代表する調味料のサンバルです。酸っぱ辛くて僕は大好きです。
これを食べたのは観光客が絶対に食べに来ないようなバスターミナルの隅っこにある屋台で、完全に現地価格だったんでしょう、7,000ルピア(70円)でした。右手のお茶も入れてのお値段です。とにかく安い。

ナシゴレン(Nasi Goreng)
そしてこちらはインドネシア料理で最も知名度が高いのではないでしょうか、ナシゴレン(Nasi Goreng)です。ナシはお米、ゴレンは炒めること、要するに炒飯です。東南アジアのお米って水分があまりないからでしょうか、ただの炒飯なのにものすごくパラっと仕上がってて、ジョグジャカルタでもジャカルタでもナシゴレンを食べましたが、とにかく当たり外れがなかったです。
写真のナシゴレンはインドネシア大学のすぐ横の屋台で食べたものです。学生街の食べ物屋は量が多くて安いというのは世界共通のようでして、このナシゴレンは8,000ルピア(80円)でした。
ご飯の上に乗っかっているのは目玉焼き、横に並んでいるピンク色はえびせんべいか何かです。インドネシアの人はパリパリとした食感を楽しむと聞いたことがあります。

インドネシアのコンビニ弁当
最後はおまけ。インドネシア地場のコンビニチェーン、インドマート(Indomaret)に売っていたお弁当です。見た目、日本のコンビニ弁当と変わりません。お値段は25,000ルピア(250円)で、屋台で食べるのに比べるとかなり割高です。ジャカルタではセブンイレブンでもお弁当が売ってました。今回は食べる機会がなかったのですが、今度行った時に試してみたいと思います。

以上、ツアー旅行では絶対楽しめない、インドネシアの屋台B級グルメでした!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.