インドネシア留学事情

インドネシア大学に行ってみた

ジャカルタ・コタ駅からインドネシア国鉄に乗ったのですが、何もなしで往復するのもおもしろくないので、インドネシア大学に行ってみました。インドネシア大学(Universitas Indonesia)はジャカルタ市の南のデポック市(Depok)にあります。ジャカルタからは電車で40分ほどです。

インドネシア大学
インドネシア大学の建物です。インドネシアの伝統建築を模して作っているのだと思います。日本の大学って最近はビルばっかりでおもしろくないですね。いかにも日本っぽい大学の建物って登場して欲しいですね。

インドネシア大学
まず感じたのは、大学構内が非常に緑豊かだということです。あちこちに大きな木があるというか、大きな森の中に大学の建物が点在しているというか。さすがインドネシアを代表する大学だけあって、恵まれた環境です。

インドネシア大学の教室
こちらはインドネシア大学の校舎内です。左側が教室なんですが、ガラスが黒っぽいのが分かるかと思います。実はこれ、窓ガラスに内側から黒いフィルムを貼っているんです。赤道直下のインドネシアで日差しが強いから、このようにフィルムで遮光することで教室内の温度が上がることを防いでいるのだと思います。おかげで教室内の様子をのぞくことができませんでした。笑

インドネシア大学構内のスターバックス
構内にはスターバックスもありました。イスラム国家とスタバってなんかイメージ的に結びつかないのですが。インドネシアが世界的なコーヒーの産地であることを考えれば、大学の中にスタバがあるのも自然なのかもしれません。

インドネシア大学のレンタサイクル
おもしろかったのはこれです。何だと思いす? 実はレンタサイクルなんです。インドネシア大学の敷地は電車の駅2つ分を優に超します。とにかく広い。それで学生が自由に使えるレンタサイクルが設けられているんです。

インドネシア大学のレンタサイクル
こちらでも女子学生が2人、自転車貸出の手続きをしています。これ、日本の大学でもやって欲しいですね。といっても、日本にはそこまで大きい大学ってあんまりないか。苦笑

今回の旅行でインドネシアにかなりハマってまして。食べるものは美味しいし、人はみんな親切だし、物価は安いし。インドネシアにしばらく住んでみるのも良いかも?なんて思ってました。
とは言っても、インドネシアの企業で働きでもしない限り、そう簡単に住むことなんてできないだろうし。で、インドネシア大学に来てふとひらめきました。そうだ、留学すれば良いんだ! 我ながら実に非現実的。笑

それでインドネシアの留学事情についてちょっと調べてみました。
インドネシア語を勉強するという理由だけで留学できるみたいです。語学留学の場合は入学試験も何もなし。留学したいと申請すればそれでOKです。
インドネシアの大学は2学期制で、春学期が2~5月、秋学期が9~12月、1学期だけでも留学できるし、大学によっては短期コースもあるみたいです。
学費は大学によってかなり差があるみたいですね。1学期学費で10~20万円くらいです。日本に比べれば格安ですが。

ガジャマダ大学
有名な大学は今回のぞきに行ったいんどねしあだいがく、そしてジョグジャカルタにあるガジャマダ大学です。上の写真がガジャマダ大学。ジョグジャカルタを街歩きしている時に偶然見つけました。
留学なんてそう簡単にできるものじゃないですし、インドネシア語の前に英語をしっかり身に付けろよってとこなんでしょうけど。インドネシアの魅力にかなり惹かれていますので、機会があればぜひ留学してみたいと思います。定年退職後でも良いから。笑

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.